N a sA Une Wo l
 
かな いけ うれ いこ で た。
 


 

少しずつ壊れていくなら

いっそ今壊してしまおう。


滅びの美学は

儚いから美しい。


語られる思い出も

今となってはただの過去。


なにも手にできないまま

ただ過ぎていく時間。


どんなに感動しても

どんなに恋愛しても

どんなに後悔しても


じゃあ、何もない手の中に

どれだけ時間はあるんだろうか。



どんなに人と出会っても

どんなに人と別れても


じゃあ、時間のない手の中に

どれだけ思い出はあるんだろうか。



写真に写された誰かだって

いつかは名前のない誰かになってしまう。

時間が名前を持っていくから。


手紙に書かれた言葉だって

いつかは意味のない言葉になってしまう。

時間が意味を持っていくから。


どうしてこんなにも儚いんだろう。

どうして儚いものは美しいのだろう。

どうして

思い出なんてあるのだろう。



Jan.22(Thu)21:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 日記。 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)